CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PROFILE

オマエダレナンダ

Author:よな
ぴくしヴ
つい(自動応答):lilium_yonah

真理は存在しない。許されぬ行為など無い。とはいえ挟まりたくはないです。
同人活動の傍らでニコニコ動画のボカロ・ニコマス畑の片隅で隠密行動中です。

動画方面では『ヨナP』を名乗らせていただいています。このP名は頂き物なので大事に使っていきたいと思います。ありがとうございます。大百科登録もありがとうございます。

連絡先:takanesukisukibyou[あ]yahoo.co.jp
([あ]には半角@を入れてください)

REPORT

COMMENT

TRACKBACK

CATEGORY

ARCHIVE

つうはん

とらのあな様に委託中!
COMITIA105新刊(オリジナル)
■遊撃のアーキテクチャ

既刊・アイマス眼鏡本
■はるひな

MYLIST

ボカロ系マイリス

ニコマス系マイリス

LINK

SEARCH

RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一回クモに遭遇するとしばらくどこに行ってもクモに遭遇するという話。

というわけで,ここ数週間行く場所行く場所クモが出現する。勘弁して欲しい。

いや,実は普段からいるのだけど,一回気にしちゃっているせいで「クモを見つけやすい視線」にチューンしてしまっているのかもしれないが,こうあちこちに出没されると排除したあとも気になって気になってしかたない。

家などは,どこから現れるのか予想するも,とくに窓を開け放っているわけでもないし,先日窓の外にいた子グモ状態ならサッシの隙間くらい抜けてこられそうだから,侵入後屋内成長型となると少し納得は出来る。出来るが結構BC兵器噴霧しているんだけど。

朝,家を出ようとドアを開けたら目の前に黒いものが突然降ってきて「ヴォアァ!?」って思って緊急待避したら,糸の反動でドア上のガラスまで登ってクモが歩いているのがガラスごしに見えた。その下を無事くぐるには心の力が必要。
トイレに入ろうとドアを開けたら降ってきた。ドアを歩いていたところだったのか驚いて跳んだのだろうか。いっそ流せる位置に落ちていてくれれば。
食事後に落下音が聞こえたので見たらクモが天井から落ちてきていた。せめてしっかりくっついていろ。

トラップ型出現が本当にもういやである。

なにより部屋に出ないで欲しい。
ちょっと布団から離れて戻ってきたら布団中央を歩いていたのはもう意味が分からない。ずっと近くにいたのか?
メタルラックに明らかに奴の移動後である糸が上から下に何本かあったが,本体は発見出来ていなかったが,布団の奴がそれであるなら浄化完了したということで少しは気が楽になる。
のだが,睡眠時に落下してきたり鼻や耳から突入されたらと思うと気が気じゃないので腕やタオルなどで顔を隠して寝る習慣がついてしまっているくらいである。こまった。

また近々BC兵器を燻すしかない。……が噴霧後1週間くらいで出現されたときはもうだめだと思った。
ほんと何とかしたい。

年内は無理とみているけど,ウス異本そろそろ作っていきたいなと思いつつ色々行動開始。
そういえばトゥイッターの自分の過去ログをとるサービス(バックアップ?)があるらしいとかなり前にきいたので,何かネタになる材料でもあるだろうととりあえずとってみようといろいろ挑戦中。トゥイッターまわりのシステムはいまいちよくわからんのでうっかり違うことやると全世界配信されそうで恐ろしいのう。

箱one欲しいのう。

タイトルの通り,上手くいかないことばかりなこの頃というか一年くらい。
そんな今日の地味にうまくいかなかった話。

OS入れかえてからゲーム映像のキャプチャしてないなとちょっと試して見たら映像が出ない。あ,使ってるのMonsterX-iです。
調べると,64bit化の影響らしい。msconfigで使用メモリのMAXしぼると出るらしいのでやってみたら出た。現在の環境とキャプ装置が共存するには,キャプるたびに設定→再起動→キャプ後戻すをすることに。これはちょっと面倒。悩ましい。

悩ましいといえば,音。映像だけ撮っても仕方ない事が多々あるのでサウンドも引っ張ってこないと。サウンドボードのライン入力から入れているのだけど,しばらくするとサウンド設定が再生をミュートしてしまう。これがわからない。
設定出来ないわけじゃなく,設定後しばらくするとミュートに戻される感じなのが,何か外部から制御くらってるなと思い色々いじってみると,デフォルトでONになっていた「排他モード」の設定が怪しいという所に。それをOffにしたら今のところ再ミュートされることは無くなった。よかった。
とはいえ前世紀発売くらいの内蔵の安いのを未だに使っているので,音が出ているだけでもありがたいのだけど,やはり新調したいとは思いつつ。内蔵至上主義寄りだったのだけど,なんでも今は外付けの方が良いとかなんとか。(USB信用してない勢)言われてみればPC内部よりは基板に優しそうではあるけれど,「認識しねーよホセ」という事例が見るユニット見るユニット書かれていて恐ろしい。
悩ましい。
視界の端に頻繁に虫が見える。
まだまだシュレッダーで細断処理しているのだけど,細断していいかどうか調べるために見る昔描いた漫画やらくがきが辛い。
電動シュレッダー入手前にも何度も細断はしたはずなんだけど,なんで今まで残っていたのか不思議で仕方ないものがかなり残っていたので光の速さで処分。B4くらいの面積を占領していた一山無くなった。

過去の漫画で『ギャグ漫画にツッコミがある』『主人公側がノーリスクで強すぎる』『である調設定資料』あたりが辛かったのでオススメ。


そんなこんなで卓上電動シュレッダー。卓上で一回も使っていないけど,早速切れ味が悪くなってきた。
クロスカットのシュレッダーは刃をみればわかるようになかなか複雑な構造。これを回しつつ紙をショリショリするのだからそりゃあ油もスグ無くなりますぁ。
んでんで,刃に油を注せばイイっぽいのだけど,クレ5-56とかスプレーはガスが爆発する危険があるので使用厳禁ということ。スミカ。
細断するだけでメンテナンスできるシートも売ってるけど,コピー紙にクレ5-56染みこませてそれを使うとイイというウワサをきいたので試してみたところ切れ味復活を確認。
とはいえ,切れ味維持するためにはやっぱりちゃんとしたオイルが欲しいカモシレナイと感じた。
全くメンテしてない手動のラインカットシュレッダーは切れはするけど刃をみると結構錆びてる。やっぱりちゃんとメンテしないとイケナイネ。


それにしても昔の絵,みんな鼻がある。少女ですら7頭身ある。あと髪の量が凄い。

辛い。

結構書類ゴミがでるもので,ハンドシュレッダーを使って処理をする。
最初はラインカットのシュレッダーで満足していたけれど,やはりクロスカットがいいということで買い換えたりもした。のだけど,ラインカットと比べると構造が複雑になるせいか,ハンドルが非常に重くて気力の続く処理枚数が激減。ハンドルの重さ故に本体が結構揺れ動くのでそれを押さえる力も必要になり,「また処理するか」という気力すら奪い去るのがヤバイ。

そこで電動式を導入。コクヨのKPS-X30が,欲しいスペックを持った上でほどよく安かったので試しに。写真も無しに記事上げとか。
卓上シュレッダーのほぼすべてにいえるのだけど,モーターの加熱を抑えるために連続稼働時間があって,結構短い。
使ってみたコレはだいたい6分ということだけど,休止時間は約30分。たまりにたまった書類をショリショリするにはちょっと休止時間が障害となる。
稼働時間は大体40Pの大学ノートを分解して表紙まで全部カットし終わってあと少し動くくらい。一回の投入制限がA5で4枚(A4の2枚を二つ折り投入)なので,そんなかんじ。
途中,紙受けの中身を撹拌または廃棄しないと天井についてしまうくらいになるので,ぼーっとしながらシャコシャコやっていると結構焦る時もある。

廃熱機構かオーバーヒートサインのランプとか欲しかった気もする。ヒートシンクでも乗っけておいた方がいいのだろうかというくらいには連続使用や紙詰まりさせると熱くなる。
あと,静音設計ということだけど,全力回転する箱○さんの光学ドライブよりは静かだけど,テレビの音はちょっと聞こえづらくなるくらいの音はある。あたりまえだけど業務用のよりは圧倒的に静か。というか,処理時の振動の響きが一番うるさいので,耐振動な場所で使うのがいいかも。

処理能力は,自分の力が続く限りいくらでもいけそうなハンドシュレッダーと比べると落ちるが,圧倒的に楽という一点。コレに尽きる。
2x14mmのカット幅なので,溶解処理に投げようか本気で悩んでいた黒歴史染みた過去の設定ノートやラクガキはぱっと見ただの書類塵として処分された。
ハガキも2枚まで行けるとのことなので,過去の原稿用紙もザクザクカットしてくれて助かる。スクリーントーン貼ってあっても,それもろともカットしてくれたが,一応粘着物なのであまりオススメしない。
月初に猛威を振るった肉離れ(仮)がようやく意識の外に行く程度まで修復。
階段の上り下りや方向転換の時にたまにピキッと感じるくらいなので,夏前には完治となりそうで良かった。
今夏はいけるかな?


塗装プラ模のトップコートが乾いたので(実際には30分ほどで乾く)様子を見てみたところ,吹いた当初と同じく筆あとはほとんど見えなくなっていた。
しかしながら,液溜まりになってしまっていた所などは隠しきれない感じに色ムラが発生していて,こればかりは塗り中に対処しないといかんなと思ったのだったり。

プラ模ぬりぬり。
筆塗りテスト中だけど,やはりムラが気になるなと思い,終わったパーツにトップコートしてみたら一瞬でムラが消えたので。
多少は消えるだろうくらいの気持ちだったけど,結構感動するくらいフラットになったので,ムラの許容範囲の想定を少し改めないといけないなと思ったり。あらかじめ無いにこしたことはないのだけど。

マット黒と赤の塗りをやってみたのだけど,色というか塗料で想像以上にノリが違うなという感じ。薄め具合も違うっぽいので,特に赤が分からない状態。というかマット黒と比べるとえらく乾かない感じがする。
我慢弱いので重ね塗りしていくのを待つのが辛いですん。

そういえば,待ってる間に塗料皿の方が乾燥していくのだけど,やはり一気に複数パーツの塗れるところ塗ったり計画的にやっていかないといろいろ無駄になっちゃうのかもシレナイと思った。

ムズカシイネ。

«前のページ  ホーム  次のページ»



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。