CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PROFILE

オマエダレナンダ

Author:よな
ぴくしヴ
つい(自動応答):lilium_yonah

真理は存在しない。許されぬ行為など無い。とはいえ挟まりたくはないです。
同人活動の傍らでニコニコ動画のボカロ・ニコマス畑の片隅で隠密行動中です。

動画方面では『ヨナP』を名乗らせていただいています。このP名は頂き物なので大事に使っていきたいと思います。ありがとうございます。大百科登録もありがとうございます。

連絡先:takanesukisukibyou[あ]yahoo.co.jp
([あ]には半角@を入れてください)

REPORT

COMMENT

TRACKBACK

CATEGORY

ARCHIVE

つうはん

とらのあな様に委託中!
COMITIA105新刊(オリジナル)
■遊撃のアーキテクチャ

既刊・アイマス眼鏡本
■はるひな

MYLIST

ボカロ系マイリス

ニコマス系マイリス

LINK

SEARCH

RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もキモ春香の誕生日をお祝いする合作がありました。



冒険真っ直中だったりしてあまり世情が分からなかったのですが何かのはずみで開催することを知り,主催に連絡したのが10月31日23時54分と履歴にあるので提出〆切に間に合っていたとしたら5分足らずで完成させたことになります。わたしすごい。
出来るわけなかったのですが。

「出来るだけ早めでお願いします!」と言われましたので当初の予定申告通り15日に提出となりました。遅い。参加できたのが奇跡(キセキ)だったので流石に投げ出す訳にもいかない。途中でかなり挫けそうになりましたが「むーりぃ……」と嘆きつつもなんとかドーガの形で提出DEKITAのも奇跡。動画と原稿は奇跡で出来ているんだよ。

そんな迷惑な奇跡の結晶単品がこちら。


以下ドーガ解説デス。

発起
「ネタがあるから参加するのではない」と偉い人も言っていたような気がするので,参加出来ることになってからネタを考えはじめます。
最初は何かアニメOPのトレスでもやってみようかと思い,いくつかピックアップしてみたのですが,キモ誕が17日で15日提出というハードランディングをすることになるのを考慮すると,クオリティ以前に通しで完成すら出来ないかもしれないので,別のアプローチへ。
「合作は受け取るまとめ役の人が扱いに困る素材を出せ」という名言があるので,まとめたときにドーガを入れる場所の移動が難しそうな「タイトル画面」を出す動画にしてしまおうという作戦に出ます。なんたる卑劣。

そんなわけで「ある程度アニメーションして」「タイトルが出る」「時間内に作れそうな」『ゴールデン洋画劇場』のOPを題材にしてみます。記憶の中では「FLASHアニメ的な動かし方でOkayだから素材数少なくてすむズェア!」だったのですが,実際にOP映像をみてみると「なに意外と枚数あるアニメーションさせてんだよ……」となりましたね。
それでも,パーツをmoveさせるだけで済む箇所が多かったり輪郭線のない切り絵タッチでもOkayということを踏まえて作成開始します。


差し替え
登場するモノを全部キモ春香にしてしまえばそれでよかったのですが,所謂MADを作る際には元ネタが何を意図してそうなったものなのかを盛り込みたくなるという悪い癖が発動篇。
ゴールデン~のOPは,様々な映画のジャンルを巡っていくものなので,様々なジャンルの作品が集まるキモ合作もそれで行こうということになりました。

SCENE01:765プロ
ご存知765プロの外観。元はお城なので建物繋がりなのとキモってても春香さんなので765プロです。
過去のキモ合作にはアニマス素材が使われているモノが結構あるので,アニメ版の765プロを原型としています。

SCENE02:森を往く
元ネタが戦車ということで軍事関連で何かないかと考えるとキモ合作2010で自分が提出したのが例のBigDogだったのでそれを意識して登場。足アニメーションはパーツ分けされていて関節で回転させて駆動しています。キモ合作の大半を占めているように思えるBB素材利用動画での身体を動かす感じを意識しています。
最初に手前を跳ぶ鳥のようなものもキモ春香さんに羽が生えたもので,キモ春香さんの様々な亞種がBB素材などで多量に使われていたことから代表として登場。

SCENE03:荒野を往く
ワイプにほめ春香さん。ほめ春香さんも登場することがあるのでここにイン。少しだけフリーダムに。
そして荒野を歩くキモ春香。合作の旅動画を意識しつつ。また,歩行は数コマのアニメーションになっているので手描きアニメぽく。
雷でできた影で落ちている骨に身体が出来るホラーっぽさも。なんかリトルグレイみたいになってますが1フレームかそのくらいなので。

SCENE04:961プロ出現
社長だけですけど。元ネタがギャング的なシルエットなのでやはり『社長』かなと安直。仕事を選ばない961プロの方々もキモ合作に登場していたので。
なんか無駄にひらひらしてる部分があって振り向くアニメーションが地味に面倒だったのと時間の関係で元ネタより中割が少ないので,振り向き始めるタイミングがちょっと変わっています。

SCENE05:未来の技術
ンモーまたこういう(ry 元はSFで宇宙船的なものだったのでそのままキモ春香飛ばしてもよかったのですが,そうすると他のシーンも全部キモ春香でいいんじゃないかなって思えてしまうので,やはり何か別のものを……と。で,ちょっと悩みました。車の屋根にアニメーションが専売特許レベルなので過去合作に「あったあった!」というより「あの人だ!」になってしまうので。一か八かで描いてドーガに組み込んでみたら車と認識するのもちょっと困難だったという結末でした。
ちなみに残像のせいで描いた本人すらよく見えないですが,屋根のキモ春香はちょっとアニメーションしています。
粒子は元だと青か白ですが趣味で緑にしています。

SCENE06:It's show
いっちばんアニメーションパーツ多いシーンで最後まで倦厭してました。
ダンスシーンなので,合作の実写枠というかタイツ枠の方々です。

SCENE07:KisS
ロマンス。本来海をバックにキスシーンなのですが,2体描く時間が無かったのでソロです。仮置きの1枚絵ではキモ春香どうしでキスしてました。
ここのキモ春香だけ下絵に3Dを利用しています。3Dモデルを利用した動画も過去合作にあったのでそれを意識して。おかげで倒れるアニメーションが楽でした。
少しコマ数落ちている感じでフレームインしてきますが動画自体は30fpsです。クレイアニメ的な表現だと思ってください。(元ネタも同じくらいのコマ数ですが)

SCENE08:ざばーん・ロゴぴかー
ふっざけんなこの波何枚描かせるんだよボーイってくらいこのシーンだけで作画枚数稼いでます。ほぼ単色なところが救いでした。
あとはタイトルロゴがドーンで終わりです。光り方は元と結構違うのが悔しいですが時間と技術の関係で単純なエフェクト処理になりました。ムッムネーン。


まとめ
こんな感じで完成でしたが,合作の過去を振り返るというのはちょっとキモ合作としてはイリーガルさを感じていました。「自分発のネタ」が無い感じなのが弱点でした。

制作メモはとっていなかったので,何か思い出したら追記するかもです。
それでは,また。


追記1:
完全に忘れてましたが,合作本編から何カ所か修正・変更してあります。
大きな変更点としては,タイトル表示のフラッシュ時に4:3に狭めている左右の黒ベタをかき消して16:9になる演出を無くしました。これは合作フォーマットが16:9のため,ロゴ表示が狭いままだといくらフェードアウトするとはいえ,そのあとに続くとしたら『ロゴ出た感』が無くなるかなと思った為です。その辺は合作本編を見てみてください。(ステマ)

 ホーム 

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。