CALENDAR

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

PROFILE

オマエダレナンダ

Author:よな
ぴくしヴ
つい(自動応答):lilium_yonah

真理は存在しない。許されぬ行為など無い。とはいえ挟まりたくはないです。
同人活動の傍らでニコニコ動画のボカロ・ニコマス畑の片隅で隠密行動中です。

動画方面では『ヨナP』を名乗らせていただいています。このP名は頂き物なので大事に使っていきたいと思います。ありがとうございます。大百科登録もありがとうございます。

連絡先:takanesukisukibyou[あ]yahoo.co.jp
([あ]には半角@を入れてください)

REPORT

COMMENT

TRACKBACK

CATEGORY

ARCHIVE

つうはん

とらのあな様に委託中!
COMITIA105新刊(オリジナル)
■遊撃のアーキテクチャ

既刊・アイマス眼鏡本
■はるひな

MYLIST

ボカロ系マイリス

ニコマス系マイリス

LINK

SEARCH

RSS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日UPした動画を長時間見ていると,酔うようです。と言うか,酔いました。動画作成時のチェックではそう言うことはなかったので,@逆が影響しているのかもしれません。流石デフォルトだと30秒限定の機能。FPS酔いよりは緩いので,長時間視聴しっぱなしでなければ問題はなさそうです。
中央の雪歩は基本的にずっと座標固定なので,顔に視点を合わせた状態で視聴していただければ,酔いは軽減されます。


そんな酔いの最中いくつか動画をピックアップです。

続きを読む▽

スポンサーサイト
72。

それは何故かみんなが知ってる魔法の数字。


そんなわけで,今日7月2日は千早記念日だそうです。
タグ『7/2は千早記念日』で検索すると千早愛に満ちた動画がズバッと見られます。7時2分にUPしたものや,7分2秒の動画等々,愛の巣窟です。

なんだこりゃ
ごもっとも。

我らが初音さん主演のゲーム『初音ミク -Project DIVA-』が発売されました。「歌姫計画」と書いて「プロジェクト」と読むんですね多分。

自作動画用(没)に描かれたの初音さんです。2008年3月って……

予約するかぁとAmazonを見に行ったのが7/1だったので,特典付きはもちろん無いです。てっきり今月末くらいだと思って油断していました。思い返せばアイマスSPの時も,何処で予約しようかなどと考えているうちにどこも締め切られてBOX系は手に入らずで泣きを見ていました。学習していない。学習していないよ。結果,買えてません。が,ちょっとプレイする機会が出来たので,ゲームパートを1プレイしてみました。PSP-2000の軽さと薄さにびっくりしました。そこじゃないです。

ディーヴァの初音さんは,ニコニコにUPされている初音さんの3Dモデルと比べると流石にポリ数が少ないですが,顔つきとかボディバランスは個人的にかなり好きなので,それが中の人を感じさせるモーションでぬるぬる動くのでゲームの後ろで動き回るPVは見ていて楽しかったです。ゲームはKOGADOよりは大人しいので,あちこち視線を動かすのは大変でしたが初プレイでも完走くらいは出来ました。(クリアは出来てません)歌も40弱入っているみたいで,ニコニコでも有名所も入っているのでそれだけでも結構価値があるかもしれないですね。
あまり大声では言えませんが,ボカロ界隈の情報には壮絶に疎いです。現在の傾向はおろか人気曲すらグッドスマイルカンパニーのCMで初めて聴くくらいです。これでボカロのPとか良いんですか。時代は情報戦だよ兄貴。

多分一番のセールスポイントでもある『エディットモード』もちらっと見てみましたが,予想の8倍くらい凄かったです。設定細かいです。メモステ内のMP3でPVやゲームが作れるということで,「作れるったってあまり設定出来るもんじゃないだろう」等と思っていてごめんなさい。セガの本気を見ました。
モーションや背景はパターンからの選択ですが,小節内でいろいろと配置できるみたいです。流石に限界数はあるみたいですが,メモリの許す限りがんばれそうです。いろいろな曲を扱えるので,BPM設定はもちろん,ゲームパートのボタン配置も設定出来るみたいです。これも細かいので鬼畜譜面も出来るかもしれません。
自作曲作っても静止画じゃ寂しいなぁと言うときに,エディットで自作曲に合わせて歌って踊ってもらうことも出来るっぽいので,結構いいツールとして機能するんじゃないでしょうか。ニコニコがディーヴァな初音さんで埋まる日が……来るのかなぁ。

背景もそこそこ種類があったんですが,ブルーバックもあるんですかね? あったら……凄いことになると思います。無くてもなるかもしれませんが。

もういっそPSPを接続すると設定したデータでHDな初音さんが踊るPS3のDLCソフトとか開発しちゃうんだよ! セガガー!


などと言いつつ入り用があってGoW2もおあずけな状態なので,初音さんにも手が出せない状況です。ああ,欲しいなぁ。

Athron64 3000+なめんなッ! 720pを60fpsで一応ドロップフレーム無しでソフトエンコ録画出来るんだぞッ!
とはいえ,FLVエンコードに秒4フレーム以下という状況がチラホラ出てきていたりとしたので,PCを大幅換装する事になりました。ようやくマルチコア時代に突入です。結果的にOS入れ直しになるので,一時的とはいえ制作環境がリセットされるのが毎回怖いところです。音源とかコーデックとか,ちょっと不安になります。
しばらく戻ってこなかったら,何かトラブルがあったということで……。だいじょうぶ。だいじょうぶ。へいき,へっちゃら。


わくわくドキドキ,ふるふるフュチャフュチャなランキング発表の時間です。

週マス~。


御陰様でランクイン出来ました。ありがとうございます。というか9位……ランカーでした。ありがとうございます。
まさかの逆流に驚きました。ありがたい……。実質20秒くらいしかない竹輪の時といい,編集部に多大な迷惑をかけている様な気がしてきました。
ただ集計するだけではなく,元動画をしっかり見ているという感じが伝わってくる作りが毎回素晴らしい,というか「元側」としてとても嬉しいです。これはランキングという名のショーですなぁ。

ランクインすると,ランキングならではのコメントをいただけるのが妙に嬉しいです。
ミテマスヨー?

        \ティンと来た!/
どあっぷ!
社長! ちょっと近すぎます!

また少し遅れましたが,高木社長の誕生日でした。人数増えすぎて誕生日追っかけるだけで一年が一瞬で過ぎていく感じもします。シャッチョー!


そんなこんなで,何とかPC換装作業終わりました。この記事を書いている裏でテストエンコードしているのですが,前は「マウスすら動かすな!」と言う感じだったのでマルチコアの恩恵を受けている感じがバリバリです。パフォーマンスモニタを見ていると,コアに格差社会が生まれているのが分かります。h.264だと流石に片っ端からCPU使われて平行作業は辛いです。とはいえエンコ中に何かするという事はそうそうないので特に問題はないです。
エンコ自体も以前と比べて劇的(3倍くらい?)に速くなっていますが,なにより安定している感じがするのは良い事です。
ちなみにP4 3.2GHz → Athron64 3000+(PCI-Eのため) → Core2Quad Q9550(定格駆動)という流れだったので,世代はかなりすっ飛びましたが,現在出回っているPCスペックと比べるとブッちぎりで速いと言うわけでもなく,安定を求めた感じです。

あとは,スペックを活かせるよういろいろがんばるのみです。おー。

相変わらず好調な初音さんらボカロ達ですが,UTAU関連も結構充実してきているようです。みんな凄いなぁ。というかUTAU自体が凄い。これは我らが黄昏のオードでVOCALODE『がり波アク』を作る時が来たと言うことですか。

そんな中,Rason4とGarageBandでの利用を考えて作られた『Mac音ナナ』さんですが,ひらがな発音の音声素材集なのでUTAUでの利用にも最適だったみたいです。ニコニコで調べてみるとUTAU利用の動画もそこそこ上がっているようです。



予想以上に綺麗な歌声でした。特に声のフェードアウトがいい感じです。オケもパワフルです。
なんと,自分の動画を参考に動画(絵)を作ったということで,勇者過ぎてナミダが出てきました。線が綺麗だなぁ。

Mac音さんは,企画自体は結構前からあったようですが,販売開始は今年の3月ということもあってまだ知名度が低い感じです。MMD化ももうされているということで,各方面での今後の活躍に期待です。音声側では,ちびナナ(Mac音ナナ・幼な声Ver)が舌足らず声なので,結構面白いです。あと,安いです。(¥980)他のボーカル音声ではちょっと大人過ぎたかもという曲で真価を発揮するかもしれません。

そんなちびナナことMac音ナナPetitの服が結構好きです。

7!
本能の声に耳を傾けよ!

散々噂されていたのでちょっと早めの肝試しに冗談で作ってみました~。釣られた? ねえ,釣られた?……そんな感じの公式のいたずらだったという可能性は――無いですね。
とりあえず,ちょっとびっくりしました。でもそこまでする理由っていったい何なのかは気になります。教えてりっちゃん!


ともかく,夏に向けて何かやっていた人で悲鳴を上げている人もいるかもしれませんね。

モチベ?

“モチベーション”は“動機づけ”という意味で,よーするに「やるぞー」という気持ちだったり「やり遂げるぞー」という気持ちの燃料になるようなものですかね。我々の行動の原因にはそんなものがあるとか無いとかいう話です。何かの弾みでグアーッとやる気が噴出したり逆に大減衰する事があるので,行動へのそういう心理的支えはあるんだろうなぁと思います。
そんな昨今,「モチベーションが低い」というのをやるべき事が出来ないという理由にしてしまっているような気がします。そこでまずは目的に向かう前にモチベーションを上げる何かを探そうとします。でも,モチベーションを上げるための何かを探すのにモチベーションが必要になってくるので多分そのうち沈んでいきます。これはひどい。
だから自分に言い聞かせます。「モチベーションは甘え」と! そんなものに頼っているから,行動が安定しないのだと! となれば進化あるのみです。動機など無くとも行動できる次元に進化です。今,高次の存在となる!

無理でした。

せめて低いモチベーションでも体が動くくらい燃費良くなりたいものです。多分,それが「慣れ」という一つの境地なんだろうとは思います。


よーするに,〆切近いのにろくに動けていない現状がとっても危険が危ないデシということでした。こんな事書いているくらいならそっちに力をまわせと誰かの声が聞こえる。

SPの時は『約束』というテーマがあったので,もしかしたらアイマスDSは『秘密』がテーマなんじゃないかなぁなどと既存の情報から勝手に推測してみました。


ちらほらと動画見てます。ノベマス界隈は貴音さんが結構出現しているようなのでほっこり散策したりしています。
そんな中で,先月ニコマスデビューらしい個人的に注目しているPの動画をピックアップです。「閲覧注意」と言っておいた方がいいかもしれないですが。

ロケットP




こんにゃくこんにゃく。Pが主人公で真ちゃんがメインヒロインにあたりそうな長編ノベルの導入部です。2話目が来ていたのでとある勇気を出して紹介です。
「四条さんはそんなこと言いません><」などとは言いませんよ。凄いこと口走ってましたがそんな貴音さんも素敵です。765でありがとう。
内容は某こんにゃくを踏襲しつつ独自色も上手く出してアイドルを動かしているので,サクサク読めて楽しいです。みんなすれてるなぁ。

この他に手描き絵での立ち絵を使った短編もありますが,現状↑よりもかなり(下の方へ)突き抜けている内容なので「アイドルは綺麗なものだ」という信念を持った方は避けて通る事をおすすめします。開幕1秒で凄い事が多いので。というかサムネで判断してください。内容は千早いじめ他シモが多いですが,筋の通ったストーリー展開と読みやすいテキストなので,結局完走しちゃいます。
うっかり面白いです。かなり人を選びますが。

サンプルです

諸般のなんちゃらで『愛ドットるM@STER 3』に参加する事が出来ず,悔し涙で枕を濡らしていたのですが,せっかくなので作成する予定だったドット絵のサンプルとして描いた絵を清書&色塗りしてみました。べた塗りですね。はい,いつもはこれに真っ白ハイライトが入るだけなので大して作業量変わりません。多分時間にして5分くらいの差です。……昔はそれなりに色を重ねていたんですけど,その技術は失われました。

ドットの話に戻ります。
いつもは大体考えてから行き当たりばったりでプチプチ描いていくのですが,モーションがそれなりにあったりすると中割が破綻したり管理が大変だったりするので,たまにはサンプルあるいは下絵を使ってみようという試みでした。1ドットの乱れが致命傷になるので,比較的ハッタリの利く線画で大体のところを掴むとイイヨ! という算段です。貴音さんを描いているだけで幸せになって終了しました。


ドット絵と言えば,芋屋さんが面白いもの見せてくれてます。

 KOF XII 2Dドットグラフィックスギャラリー

ドット絵の描き方もいろいろありますが,3Dモデルから2Dに描き直すという手法をやってますよ~という手順と完成物をチロっと見せてくれています。読み物としてはちょっと少ないですが,あまり見る機会は無いと思うので,興味のある方は見てみると面白いかもしれません。
格ゲとなると誰も彼もが0Fで攻撃発生したら超バランスになりかねないし,発生まで時間掛かるとしても中割アニメーションが無くて反応してるのかどうか瞬時に分かりづらかったりすると操作の説得力に乏しくなるので,3Dモデルがベースにあるとぬるぬる動くアニメーションも夢じゃないですね。『ウォーザード』の超ドットも3Dから描きおこしだったとの風の噂です。ベースがあるとはいえ,枚数が増えればそれだけ作業も増大ですが。

ドット絵とは違いますが,3Dモデルをレンダリングしたものをそのまま2D絵として使うという方法が↑の2Dに描き直しより多く利用されてきた3Dの2D化の方法です。描き直しよりは圧倒的に作業量が少ないので,非常にぬるぬるした動きの2Dアニメーションが作れるのですが,トゥーンシェードを用いても,あくまで3D絵を2Dで見ているという感じになり,ドット欲(?)は満たされないものです。何なんですかね,ドット欲って。
また,3Dから2Dに描き直したとしても写実的過ぎる動きになりやすいため,ハッタリパースやスピード表現(例えばパンチの際に手がぶれて見えなくなる)などアニメ的な勢いのある表現も欲しいなぁという変な欲が湧いてきてしまうのもまた人の サガ です。


それもこれもドットという最小単位付近での葛藤なんですが,ぶっちゃけ興味ない人にはハイパーどーでもいい話ですねコレ。
(仮)

先日のサンプル下絵をドット化させたものです。ドット化っていうのも何か妙な言葉ですね。細部まで調整していないので背景の色が黒よりだと輪郭ガタガタになります。

目鼻口(鼻無いですが)が分かり易いように写実的というよりもアニメ調でのドット化です。格ゲで言うとアルカナとかGGというかアークシステムワークス系に見られる感じが近いですか。先日は3Dから描き起こすという記事を書きましたが2Dのセル風アニメから描き起こすという方法もあるようなので,そんな感じかもしれないです。
セル塗り風ということもあって輪郭線が比較的はっきりしたドット絵なので,大きな絵でも写実風ドットと違って超絶タイリングしたりすることもなく生産出来るのが強みかもしれません。色数も減らせそうです。動きも捉えやすいっぽいので,格ゲにも向いているタイプかもしれませんが,STGなどでは無意識に認識してしまう情報量が増えすぎて辛くなるかもしれないです。THE予想ばっかです。

ちなみに↑の貴音さんは256色ベースでの作成を前提としていたので27色使っています。いつもは背景色込みで16色でやっていたので16倍の余裕があるとお気楽ごくらくです。


それにしても,何のblogなんですかねココ。

「オチは投げ捨てる物ではない……」

『4コM@STER 2nd』がいよいよ公開となりました。
ひっそり参加していたので,ネタがかぶらないかドキドキしながらこの瞬間を待っていました。

平良P(主催者)




いやあ,酷いですね。(※ほめ言葉)特に千早・やよい・ピヨちゃんが輝いているように感じます。DS組もチラホラ出てきているので,何となく嬉しいです。
参加者が39名ということで,まさかの前後編合計40分クラスとヘヴィ級になっていますが,一応(←重要)4コマなのでサクサク視聴できました。

参加した方々お疲れ様でした。そして何より平良P,編集お疲れ様でした。

子曰く,ネタの解説をするほど虚しい物はない。

孔子「そんなこと言ってねぇ」

冷静に考えてみなくても先日の『4コM@STER 2nd』に投稿した自分のネタが予備知識無しでは全くの意味不明だというのは明かです。とはいえ,理解されなかったネタを自分で説明するほど自分を追い詰めるものはないというのが現実です。

「ふとんがふっとんだ!」
「……? それは大変」
「え? っと……その,別に布団が吹っ飛んだ事に大きな意味はなくて,『ふとん』と『ふっとんだ』の『ふっとん』の部分で韻を踏んでいるところが趣深いというか何というか」
「あ。あー,なるほど。うん。分かった」


が,改めて自作物を見てみるとネタ被りの心配など杞憂としか言いようがないくらいあまりにも酷かったので残念な解説をこの先に畳んでおきます。
「見るまでもない」「興味ないね」等という方は特に開く必要もないので封印しておいてください。

ジムショはチリとカす!

続きを読む▽

arcadiaはとてもゲーム向きな曲だと思います。でも黎明スターラインはとってもシューティングです。

先日記事にちらっと書いた直後に編集が完了してUPされたようです。何というタイミング……。そんなわけで紹介です。

asahiP(主催者)


全体的にPOWER UPしてる! Pは常に昨日の自分より進化する生物らしいです。恐ろしい。偏にドットと言ってもいろいろな表現方法があるのだなぁと思いました。なんだかんだでみんなドット好きなんですね。

いいなぁ。楽しそうだなぁ。
やはりこの中に参加できなかったのが悔しいので次回があれば……あるいはアンダーグラウンドでがんばります。

ここ数ヶ月は月一UPを目指していたのですが,今月はちょっと苦しいです。ホラm@s参加したかったけど,流石に無理そうな現状です。何より速度が足りない。
ノベマスや架空戦記みたいに立ち絵型連続ストーリーものなどを始めると,安定供給出来るようになるんでしょうか。(※制作の意識次第です)正直猫太郎Pは凄いと思います。あと,ちゃんと寝てください。

そんなこんなで,続きが来ていたのでチェックです。

ロケットP


ナマヅメハーガス! こんにゃくこんにゃく。サ胸とかそう言う訳じゃなく更新待つくらいすっかり愛読です。
今はトゲトゲのトゲまこりんなの心が解けていくと思うとこのトゲトゲすら心地よいものです。Pや周りのキャラのおかげでHYPER殺伐にならないからってところもあるかもしれませんが。今後キャラごとの話に分化していくのかどうかが気になるところです。
貴音さんがここにいることがアイマス側から見るととても奇跡な気もしますが,要するにマイナス二条という事でいいんですかね。でもああいう性格の貴音さんもまた愛しています。

自分は参加間に合いそうにないですが,ホラM@S祭開催中です。ホラーですよ,ホラー! タグ「夏はやっぱりホラM@S祭」が目印です。存外ほめM@S祭になっていないようなのでびっくりしました。
ホラーということで,既に架空戦記でホラゲーをやっている方などの参加もそこそこあるようなので,これを機会に新規視聴リストに加えてみるのもいいかもしれないです。

続きを読む▽

 ホーム 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。